「Uncyclopedia:不正利用フィルターについて」の版間の差分

草案更新
(正式運用に持っていくため、草案大幅更新)
(草案更新)
{{proposed}}
{{ウィキペディア|Wikipedia:編集フィルター}}
'''不正利用フィルター'''はスパム投稿のような不正な投稿や、荒らしによる被害などを抑止するために開発された機能です。アンサイクロペディア日本語版では管理者のみが設定できるようになっています。
 
== 不正利用フィルターによる対処操作 ==
 
===運用の目的===
冒頭にもある通り、スパム投稿や荒らし投稿の被害の抑止や、サイトとして推奨しない投稿(廃止されたテンプレートの追加など)を抑止することがフィルター運用の目的です。特定管理者の意にそぐわない利用者を排除するためのものではありません。
 
===作成プロセス===
====フィルターの提案について====
:ウィキペディアでは「ノートで提案があったものを審査してフィルターを作成する」プロセスを採用しているものの、(2021/02末時点で)そのプロセスが機能しているとは言えません。またスパム・荒らし被害の抑制という性格上、作成時点でフィルターの緊急性が高い状況が多く、かつスパマー・荒らしが閲覧可能なノートで提案というプロセス自体があまり適さないと考えられます。よって、'''アンサイクロペディア日本語版ではこのような「提案→審査→作成」のプロセスは採用しません。'''
:ただし、[[Uncyclopedia・トーク:不正利用フィルターについて]]または[[Forum:管理者権限行使依頼]]新たなフィルターを提案することは可能とします。技術的に可能なものであれば採用されるかもしれません。
 
===作成のガイドライン===
 
====不正利用フィルター以外の選択肢も検討する====
:フィルターを作成する管理者は編集フィルター以外の選択肢の検討も行うべきです。例えば、単独記事でしか発生しない問題に対しては保護のほうが有効であり、記事名やスパムリンクへの対処にはタイトルブラックリストのほうが有効です。
 
===正式採用後の運用プロセス===
正式採用されたフィルターは、必要に応じて管理者が調整を行うことがあります。(発動条件の見直し、有効化・無効化、公開/非公開の変更など)
 
調整の報告は任意としますが、公開されていたフィルターの非公開化については必ず[[Uncyclopedia・トーク:不正利用フィルターについて]]で報告するものとします。
 
===誤作動の報告について===