「Uncyclopedia:不正利用フィルターについて」の版間の差分

正式運用に持っていくため、草案大幅更新
(リンク先等修正)
(正式運用に持っていくため、草案大幅更新)
{{proposed}}
{{ウィキペディア|Wikipedia:編集フィルター}}
'''不正利用フィルター'''はスパム投稿のような不正な投稿や、荒らしによる被害を抑止するために開発された機能です。アンサイクロペディア日本語版では管理者のみが設定できるようになっています。現在は本格運用に向けて動作の検証を行っています。
 
== 不正利用フィルターによる対処操作 ==
;権限の剥奪(利用者をすべての特権グループから除く)
:権限が剥奪されます。
 
===速度制限===
フィルターは、ある条件を満たす投稿が指定した速度以上の頻度で行われている場合についても発動させることもできます。 これはウィキペディア日本語版と同じ仕様となっています。詳細は[[wp:ja:Wikipedia:編集フィルター|ウィキペディアのフィルター解説のページ]]を参照ください。
 
===不正利用記録確認後の対処===
管理者は、不正利用記録の中身を閲覧し、その結果を受けて[[Uncyclopedia:投稿ブロックの方針|投稿ブロックの方針]]に準じた投稿ブロックを含めた管理行為を行うことが出来ます。投稿ブロックを行う場合は、必ずブロック理由に不正利用記録を参照した旨を記載するものとします。([http://ja.uncyclopedia.info/index.php?title=%E7%89%B9%E5%88%A5:%E3%83%AD%E3%82%B0/block&page=%E5%88%A9%E7%94%A8%E8%80%85%3A73.97.88.48 一例])
 
== 運用方針 ==
{{ウィキペディア|Wikipedia:編集フィルターのガイドライン}}
不正利用フィルターは誤作動がたびたび報告されていることから、慎重な運用が求められています。
 
===作成運用の目的===
冒頭にもある通り、スパム投稿や荒らし投稿の被害を抑止することがフィルター運用の目的です。特定管理者の意にそぐわない利用者を排除するためのものではありません。
*[[Uncyclopedia・トーク:不正利用フィルターについて]]にて提案してください。合意が得られたら[[Forum:管理者権限行使依頼]]で作成を依頼してください。
 
**技術的に難しいものについては作成が保留される場合があります。
===作成プロセス===
**荒らし対策のためのフィルターや試験用フィルターについては管理者の独断で作成されます。
原則として以下のプロセスを踏むものとします。
#管理者が新たなフィルターを作成します。
#フィルターを作成した管理者は、フィルターを作成した旨をコミュニティ(本ページのノートページ)に報告します。フィルターの内容をどこまで報告するかは作成した管理者の裁量に委ねるものとします。
#一定期間、フィルターの試運転を行います。期間は1週間を目途としますが、検出状況によっては前後することもあります。
#試運転期間中に、作成した管理者を含む他の管理者、一般利用者はそのフィルターの妥当性検証を行います。
#妥当性検証を受けて、作成した管理者はフィルターの調整を行います。作成者以外の管理者もフィルターの調整を行うことが出来ます。調整を行った管理者はその旨をコミュニティに報告するものとします。
#その後再検証を行い、問題が無ければそのフィルターは正式採用となります。再検証の期間は1週間を目途とします。正式採用に至らなかったフィルターは、作成した管理者がそのフィルターを無効化または削除するものとします。
 
====フィルターの提案について====
:ウィキペディアでは「ノートで提案があったものを審査してフィルターを作成する」プロセスを採用しているものの、(2021/02末時点で)そのプロセスが機能しているとは言えません。またスパム・荒らし被害の抑制という性格上、作成時点でフィルターの緊急性が高い状況が多く、かつスパマー・荒らしが閲覧可能なノートで提案というプロセス自体があまり適さないと考えられます。よって、'''アンサイクロペディア日本語版ではこのような「提案→審査→作成」のプロセスは採用しません。'''
:ただし、[[Uncyclopedia・トーク:不正利用フィルターについて]]または[[Forum:管理者権限行使依頼]]新たなフィルターを提案することは可能とします。技術的に可能なものであれば採用されるかもしれません。
 
===作成のガイドライン===
フィルターを作成する管理者は、以下の点に留意する必要があります。
 
====「不許可」の対処操作は慎重に====
:ウィキペディアと同様、「不許可」の対処操作を行うフィルターの作成は慎重さが求められます。このようなフィルターを使うべき場合は、編集フィルターの誤検出率が極めて低く、かつ検出する編集が善意で行われたものではない場合に限られます。
 
====「ブロック」「権限剥奪系」は原則作成しない====
:「投稿ブロック」「権限剥奪」「自動承認取り消し」という、万が一誤作動した場合に影響が大きいフィルターは'''原則作成しないものとします。'''(ただし、2021/02時点で唯一動いている投稿ブロック系のフィルター30「LTA:ASPE 対策」はその例外とします)
 
====不正利用フィルター以外の選択肢も検討する====
:フィルターを作成する管理者は編集フィルター以外の選択肢の検討も行うべきです。例えば、単独記事でしか発生しない問題に対しては保護のほうが有効であり、記事名やスパムリンクへの対処にはタイトルブラックリストのほうが有効です。
 
===誤作動の報告について===
===運用===
正当な投稿(荒らしやスパムではないと誰が見ても分かるもの)であるにも関わらず、フィルターの誤作動と思われる事象に遭遇した場合は、その旨を[[Uncyclopedia:管理者用伝言板|管理者用伝言板]]で報告してください。報告にあたってはフィルターの警告文などを再度確認し、本当に誤作動であると確信している場合にのみ、誤作動を報告してください。
*新たに導入するフィルターは「ログ取得のみ」の状態で1週間程度試験的に運用します。
*試験運用して問題がなければ「不許可」などの対処操作を行うように設定します。
**'''誤作動した場合の影響が大きい「投稿ブロック」および「権限の剥奪」は設定しないものとします。'''
 
== 関連項目 ==