Forum:鉄槌の再発防止について

コミュニティ・ポータル > 雑居房 > 鉄槌の再発防止について


提起編集

親ForumであるForum:ポスト鉄槌のアンサイクロペディアについての総括議論用Forumを立てます。

鉄槌から3か月経ちました。再発防止を求める声がいくつか挙がってますが、何を再発防止すべきかから議論を始める必要があると見受けられます。人によって対象が「CU暴走」とか「無差別の記事削除」とかバラバラですし。

というわけで、まずは何の再発防止とするか、論点の整理から始めましょう。

お願い編集

個人攻撃はお控えください。例えば、「〇〇は管理者(またはCUとか)として不適格であった」という類のものです。個人攻撃やったところで、書いた人が一時的に脳内麻薬を得られること以外は何のメリットもありません。意見を書き込む前に、「その投稿、知人や友人に見せられるか?」と一度反芻してから書き込みいただくようお願いします。(これは、私が記事やForumなどに投稿する時のポリシーの一つでもあります)

論点整理編集

過去をいろいろあさった限り、今回鉄槌に至るまでに起きた問題は以下のものがあるように見受けられます。あえて事象だけを書きます。

  • 誤認ブロック多発
    • 特に、4月以降、鉄槌が下るまではアカウントユーザーが何か投稿するたびに即時ブロックが連発していた
  • 妥当性がほぼ検証されていない新規LTAカテゴリLTA:XYZの新設
  • 正当なプロセスを全く踏んでいない記事削除の連発:削除議論で存続/削除同数なのに削除、ICU貼ってから1週間も経ってないのに削除議論提起→削除、など
  • 正当なプロセスを踏んでいるとは言えない新規ルールの濫造
  • 上記に伴うと思われる新規記事の極端な減少と、投稿回数の極端な減少事象の発生(1日の投稿回数が一桁前半の日もあったほど)

問題事象やその原因などの論点を整理した上で再発防止の対象を定義し、その次は再発防止策を議論し、まとまった再発防止策を決議して実行に移せるところまで持って行くのがこのForumのゴールです。

ただし、今回は私が決議の頭出しをすることは控えます。5年以上Forumに顔を出していなかった(議論系Forumに至っては7年間顔を出していない)私のような人が決議を採るべきではないと考えているためです。最後の決議はリアルタイムで関与していた方々にとっていただきたいです。

では、ご意見のほどよろしくお願いします。--micch (トーク) 2020年8月12日 (水) 22:21 (JST)

(コメント)設営ありがとうございます。論点は以下のものも追加で挙げておきます。
論点は、私が思うには概ねmicchさんや誰かさんが挙げたような点になると思います。後は、.旻さんも挙げていましたが誤認ブロック多発と関連してCheckUser権行使についての問題も間接的に係わってくるのだろうと考えています。
ちょっと話の流れを端折ってしまう感がありますが、Forum:CU依頼の権限依頼の制限設定の議論参加資格が管理者限定で意見を書く機会がなかったのでここで少し書きます。
なお、LTA:XYZ問題については以前から意見募集(と言うより確認)をしたいと考えていましたので、近日中に発議しようと思います(時間があれば)。--良人 (トーク) 2020年8月13日 (木) 00:40 (JST)
カテゴリ・トーク:Xyz系荒らしのアカウントと強く疑われるユーザーにて議論を提起しましたのでお知らせします。--良人 (トーク) 2020年8月14日 (金) 22:58 (JST)
(コメント)議論の数を増やして申し訳ないのですが、1点どうしても取りまとめたいことがあります。
  • 管理者間(管理者、一般利用者間)の情報共有(情報公開)の在り方について。
ブロック等の根拠の透明性と検証の在り方。LTAの特性や出没レンジ、これらの情報の公開と共有について。--黒土 2020年8月13日 (木) 01:17 (JST)
  • (コメント)提起してから気づきましたが、不正利用フィルターの運用が曖昧なままフィルターが増えていき運用が属人化したのも問題事象の一つかなあと思います。Uncyclopedia:不正利用フィルターについて#運用方針の内容が遵守された形跡が見出せません。今は問題のあるフィルターはほぼ無効化されてますが、有望な新人を門前払いしかねない(=過疎化を促進してしまう)要素はまだ残ってますし(昨日私が条件を大幅緩和した某フィルターは典型例かと)、もう少し落ち着いたら不正利用フィルターの運用について正式なものを定める必要があると思います。--micch (トーク) 2020年8月13日 (木) 22:22 (JST)
  • (コメント)一番の問題は、新規・既存を問わず多くの利用者がLTA:XYZなどとしてブロックされたことだと思います。ブロックされた利用者は当然投稿できず、ブロックの根拠や経緯に疑問を持った利用者は、自らもブロックされることを恐れて活動せず、というかたちでアンサイが極度の過疎状態に陥ったわけですから。
  • micchさんのおっしゃる通りで個人攻撃は避けるべきなのでしょうが、「アイツが悪いよ」としか言いようがないのが正直なところです。某氏の暴走を招いたコミュニティ全体に責任があるという解釈まではできますが…
  • UN:BPをはじめとした諸規定を愚直に順守してサイトを運営していくとともに、特定の利用者の権限や負担が大きくならないよう、有力ユーザー同士で助言や協力、時には監視を続けていくというのが、漠然ではありますが目指すべき方向だと思っています。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2020年8月18日 (火) 00:30 (JST)
  • (コメント)上で文鉄1999氏も述べていらっしゃる通り、結局の所再発防止の鍵は、たとえ大先輩の管理者の方であっても、間違った行動・権限行使をしたと判断したら指摘することができるような雰囲気にすることにあるのではないでしょうか。管理者とそうでない利用者の間に壁があっては、これは実現できません。管理者はあくまでも面倒くさい仕事を任されているだけで一般利用者と変わらないこと、そもそも管理者、ひいてはアンサイクロペディアへの貢献自体強制ではなく、義務感に追われてまでする必要はないことを改めて認識する必要があるのではないでしょうか。-- .旻 (記録/回数) 2020年8月18日 (火) 01:16 (JST)
(冷や水)本番で障害が起きました。原因はあるエンジニアが書いたプログラムのバグでした。そのエンジニアがバグを書いたのが悪いのでクビにしてバグを書かないエンジニアを雇います。新しい人がバグを書かないよう監視もします。
そんなのは再発防止策とは言いませんよ。
文鉄1999氏と.旻氏はこのあたりも一読願います→ご法度、ミスした個人を責める「なぜ?」  --micch (トーク) 2020年8月18日 (火) 07:37 (JST)
上の私のコメントはお気持ちコメントですが、さすがにそれだけで済ませようとは思っていませんのでご安心を。問題点が洗い出されて中で、ルールや制度・仕組みの見直しによる再発防止の必要がないとは考えていません。今お気持ち表明するタイミングじゃないだろ、と言われたらそうですが…-- .旻 (記録/回数) 2020年8月18日 (火) 11:00 (JST)
(micch氏へ)そんな言い方をされてしまっては議論に参加する気がなくなります。わたしだけではなくこのフォーラムをROMっている方々にとってもおそらく。
今回の問題は属人的なところが非常に大きく、当該氏が全権を剥奪されて活動を休止したため、同様な事象が再発する可能性はさほど高くないと感じています。もちろん今後別の役職者が暴走する可能性、当該氏が復権する可能性もありますが、基本的に諸規定が順守されていれば同様の事態には陥らないのではないでしょうか。
諸規定が一部利用者によってないがしろにされた結果(特にCUやブロックの運用についてですね)、サイトの機能不全に陥ったとわたしは解釈しているため、前回のように述べたまでです。それじゃ再発防止にならんと言われれば返す言葉もありませんが。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2020年8月18日 (火) 23:23 (JST)
言い方がキツかったですかね。気分悪くさせてたらごめんなさい。ただ、「個人攻撃に走らない」というのは、有効な再発防止策を編み出す上で必須であることは強く言っておきます。上に上げた記事の他にもこの事例とか。昔私がUCPで書いたCMMIにおいて求められてる要素の1つでもあります。つまり、一般的なやり方で再発防止策を検討しましょう、って言ってるだけなのです。
文鉄1999氏も「諸規定が一部利用者によってないがしろにされた」という問題事象の提起までは出来てますよね。ないがしろにされたのは何故か、それを止められなかったのは何故か、そこから話を始める必要があります。
やっちゃいけないのは「ないがしろにするような人に権限を与えないようにしよう」で片付けてしまうことです。「アイツのせいだー」って個人に擦り付けるのは楽なんですよ。気分的にも。でも、それは何の解決にもならない。そういう考えで編み出された再発防止策は確実に属人的になってしまうから。
ちなみに、個人的には再発防止策の中に「監視」ではなく「監査」の仕組み追加が要るんじゃないかなと思ってます。もちろんそれだけで十分だとは思ってませんが。--micch (トーク) 2020年8月18日 (火) 23:54 (JST)
  • (インデント戻し)ちょっと気が早いかもしれませんが「諸規定がないがしろにされたのは何故か、それを止められなかったのは何故か」について考えてみました。この「なぜ」に対する回答は以下のようなものになります。
  1. 諸規定をないがしろにすることで無制限に権限が行使できて便利なため
  2. 「諸規定をないがしろにする管理者」に対してペナルティを出すハードルが高いため
現在、管理者に対して実効力のあるペナルティを出す方法としては「管理者不信任動議による解任」がありますが(「鉄槌」は再発防止対象なので議論に含みません)、過去の実例では長大な議論の果てにようやく「解任」へと至りました。この実例もあるので管理者であっても不信任動議には手を出しづらい訳です。誰か 2020年8月19日 (水) 22:34 (JST)
私が考えていたなぜなぜ分析→再発防止策の策定、の流れの最初の手本をみせていただきありがとうございます。1点目はあと1~2段階くらい掘り下げが必要かと思います。2点目は仕組みまでたどり着いてるのでここで凍結か、あと1段階掘り下げるか…。
ただ、先に「なぜ」を問う課題の集約をそろそろしたいと思います。これを間違えたら元も子もないので。今のところはこんな感じでしょうか。
  1. 諸規定がないがしろにされまくった(「正当なプロセスを踏んでいない」系はここに集約。権利行使報告の無いCUや、不正利用フィルターの件も含む)
  2. 検証不能または不透明なLTA認定・ブロックの大量発生(XYZ案件も含む)
  3. CUの相互チェックが形骸化していた
  4. 異議申し立てが機能不全を起こしていた
黒土氏が挙げている「管理者間(管理者、一般利用者間)の情報共有(情報公開)の在り方」「LTA情報の共有」は2点目の原因の1つとして出てくるかと思いますのでこれからの議論の中で触れられるはず。
また、私が挙げた「超過疎化」は上記4点の事象に伴う結果なので、分析・再発防止の対象外にしようと思います。--micch (トーク) 2020年8月19日 (水) 23:46 (JST)
課題の掘り出しは収束に向かっていると見て、「なぜ」分析を節化し各課題を列挙しておきました。-- .旻 (記録/回数) 2020年8月20日 (木) 00:33 (JST)
(追記) 上で挙げられていないものの追加や挙げられているものの変更があった場合は下節もついでに編集していただけると幸いです。-- .旻 (記録/回数) 2020年8月20日 (木) 00:42 (JST)
  • (インデント戻し)掘り下げられている中で今更かもしれませんが、もうちょっと浅い話もした方がいいんじゃないかと思いましたので書かせて頂きます。
そもそも今回鉄槌レベルの大規模な騒ぎになったのは、既に挙げられている通り「異議申し立てが機能不全を起こしていた事」が原因の一つかと思いますが、それがCommons経由で日本語版の細かい管理までしていない(していられない)上位者に伝えられた」のがトリガーとなり、対応として「一方的な権限剥奪(言い方は悪いですが)」という細かい精査が出来ない故の処理がなされたためかと思います。
ですので、まずは当面の対策として「意義申し立てを日本語版内部で完結できるようにする」というだけでも当面の再発は防止できるのではないでしょうか。むしろそちらを早く確立しないと、直訴状を真似られた時に再度鉄槌が飛びかねなくて危ないと思うのですが……
その上で、次段階としてさらに掘り下げた管理者権限周りの対策を練っていくのが良いのではないかと提案します。
具体的には
1. トーク・メールの封鎖ルールについての緩和
  • トークはブロック後に荒らし行為を行った場合のみ封鎖
  • メールで迷惑行為を行った場合、封鎖前に内容の公開(全体公開か管理者間共有かはともかく)を合わせて行う
などの対話口の緩和処理
2. 編集フィルターによる封鎖の制限について
  • 単純に疑問なのですが、フィルターによる無期限かつトーク・メール封鎖は現存の処置の中でかなり重いのでは?
  • フィルターでは1ヶ月などの有期刑にしてCU依頼の結果により無制限ブロック、チェック後はトーク・メールに関してはやや緩和するなど、誤爆対策が徹底されていないように思えます(中身を知らないので想像ですが)
  • 素人考えですが、仮に放置されてもアカウント濫造系の荒らしが1ヶ月前に作ったアカウントを再利用するか?と思ってしまいます。
3. これらの大々的な告知
このあたりを検討するだけで「鉄槌の再発」をミクロに捉えたものに関してはかなり遠ざかる気がするのですが、いかがでしょうか。
大雑把な主張のまとめとしては「管理者の暴走というレベルの根本対策も必要だけど、まずは喫緊で実務レベルの再発防止を適用するべきでは?」となります。
最後にぶっちゃけますと、一般利用者側としては管理者同士の相互監視やCUの運用ルールなどはどうせ直接手出し出来ないからわりとどうでもいい話であって、まずは(誤認)ブロックを受けた場合にどうすればいいのかをとっとと決めて頂いた方がよっぽど助かるルールです。--りけっと (トーク) 2020年8月20日 (木) 03:51 (JST)
編集フィルターは論点の1番目の中に入ってますのでそちらで議論しましょう。そもそも運用方針の中に「誤作動した場合の影響が大きい「投稿ブロック」および「権限の剥奪」は設定しないものとします。」と太字で書いてあるのにその後は・・・ですからね。ただアカウントの再利用は結構あるんだなってのが最近分かりました。鉄槌で釈放されたアカウント(1か月どころか5年以上寝かせられてたものもある)でいろいろオイタしてきたLTA:DDDEが実例ですね。
異議申し立ては今はDiscordがあるのでForum:勝手にdiscordチャンネルのほうで扱いを議論していただくのが良いかなと思います。--micch (トーク) 2020年8月20日 (木) 08:34 (JST)
「真似してcommonsに駆け込む人が明日にでも現れるかもしれないので、長期的な再発防止より先に暫定でも今すぐの再発防止策を打った方がいいのでは?」という意図だったのですが、寝る前に書いたせいでひどく読みづらいですね。失礼しました。
再利用の実例あったのですね。新規作成した方が楽そうですが、メモでも残してるんでしょうか。そういう事であれば(最終的には)無期限ブロックも仕方ないと思いますが、やはりフィルターで自動的に完全封鎖というのは少し怖いですね。
Discodeの運用について別フォーラムで動きがあり、このまま進めば1と3の懸念が一部解消されそうですので、ここでの論点に関してはそのまま進めていただく事に異論ありません。あちらの再進行と合わせてお礼申し上げます。--りけっと (トーク) 2020年8月20日 (木) 23:14 (JST)
  • (インデント戻し)論点1および2の「なぜ」は一旦放置して、論点3および4の「なぜ」の掘り下げを引き続きすすめてみました。
3. CUの相互チェックの形骸化
⇒えふ氏(CUとしては休眠状態)以外のCheckUserはメールで情報共有や合意形成をしていたため(事例)
⇒これは荒らし対策を優先したためですが、Uncyclopedia:チェックユーザーの心得(方針ではない)が作られた経緯を考えるとメールで合意形成は行うべきではなかったと思います。
4. 異議申し立ての機能不全
⇒異議申し立てに対しては攻撃的な対応(主に投稿ブロック。他に会話ページでの警告のようなケースもある)がたびたび行われたため
⇒攻撃的な対応を禁じていないため(ウィキペディアの場合はwp:ja:Wikipedia:個人攻撃はしないで規制しています)。とはいえ当該氏は異議申し立て自体を「いやがらせ」「個人攻撃」と捉えていたことが多いと思いますので個人攻撃を規制するだけでは意味がない気もします。
⇒被告人が裁判を仕切るような状況になっていたため(事例)
⇒異議申し立ての議論進行や後処理は第三者にゆだね、被告人には説明以外は何もさせないようにする仕組みが必要だと思います。--誰か 2020年8月23日 (日) 22:45 (JST)
  • (別話題になるのでインデント戻し)事象として挙げられている誤認ブロック多発についてですが、個人的にISPの変化によりCUによって得られる情報で判断可能な領域が減っているのではないか、またそれを認識していなかった故に誤認ブロックが多発してしまったのではないか、という仮説を持っています。
こちらでも書いた通り、WiMAX回線などはIPアドレスが利用者間で共有されており、また(ツールにもよりますが)IPから取得した位置情報がかなりばらつく傾向があります(というか日本中の別の誰かが自分とは別の場所で同じIPを使っている可能性があるので、まず位置情報は正確にならないはず)
そのため、かつては可能だった(と思われる)判定のうち
  • 荒らしや迷惑ユーザ同士が同一人物である可能性を判断する→接続情報(CU結果)+編集傾向(CU外情報)で今でも判断可能
  • IPから得られる接続元地域などだけを参考に同一人物や不正アクセスを判断する→場合により可能(IP固定であったり再割り当てのないISP、ローカルなISPであれば可能。それ以外は誤認の可能性あり)
  • 裏で迷惑行為を行っている、表向きは一般ユーザとして振る舞っている荒らしをCU結果から発見する→ほぼ不可能(IP固定や再割り当てのないISPなどごく限定的な条件でのみ発見できる可能性はある)
のようにクロと見做して良い部分が(ISPによっては)大きく減っており、かつて有効であった2番目3番目を理由にクロ判定としてブロックした結果として、誤認と思われるブロックが多くなってしまったのではないかと疑っています(あくまでも私見であり、CUで得られる情報や当時の判断基準を知らないため、推測でしかありません)
仮に上記がある程度は事実だったとすると、そもそもブロック事由におけるCU結果の重要度・信頼度が著しく下がっているという事になります。挙げられている1および3の内容に絡んできますが、CU結果を適用する範囲や条件を細かく規程するなど、管理者権限の行使に関するCU結果への依存度を下げる事も検討する必要があるのではないでしょうか。
ただソックパペット行為に関してはどうしてもCU結果以外で見抜く事は難しいと思いますので、うまくバランスを取る必要がありそうです。--りけっと (トーク) 2020年8月24日 (月) 07:41 (JST)補記--りけっと (トーク) 2020年8月24日 (月) 08:34 (JST)
2番の中で議論になるかと思います。昔と違ってスマホアクセスがWebアクセスの大半を占めるようになり、ISPの淘汰も進んでいること、スマホタブレット複数台所有も珍しくなくなったことから、IPとUAだけで同一性判定できる比率は相当落ちてるのが実情かと思います。--micch (トーク) 2020年8月31日 (月) 23:13 (JST)
  • ちょっと議論が止まってしまっているので進め方を相談します。4件(上のりけっと氏のCU問題提起を含めれば5件)以下のうちどれが良いでしょうか。
案1:3,4については誰か氏(固有名詞)の考察を元にこのページの#なぜ節で議論する。1,2はそれぞれサブページを立てる
案2:全部このページの#なぜ節で議論する。
案3:1,2,3,4それぞれサブページを立てる
案4:その他(具体的にご意見ください)
--micch (トーク) 2020年8月31日 (月) 23:13 (JST)
(案2)考察に対する反応をほとんど得られていないので議論を進めづらいというのが正直なところです。どこかで期限を区切って「何を再発防止すべきか」についての合意形成に移りたいと思っています。--誰か 2020年9月1日 (火) 20:28 (JST)
反応が今のところ少ないのでまとめて議論したほうが良いですかねえ。2018~2020/04にかけて管理業務を担っていた方やForumで発言されていた方のうち、発言されているのが誰か氏(固有名詞)以外にほとんど無いのは正直誤算です。一番動いていたであろう2名が出てこないのは仕方ないとして、当時関わっていた方のご意見はもっと伺いたいです。 --micch (トーク) 2020年9月1日 (火) 23:27 (JST)
反応を待っていたら議論自体が立ち消えになりそうなので一旦これまでに出ている「なぜ」を移して、少し加筆しました。-誰か 2020年9月9日 (水) 21:16 (JST)

(インデント戻し)誰か氏の最初の記載を元に追記してみました。他にもこれあるんじゃね?と思う方は私の追記と同様の形式(箇条書き+署名)で追記お願いします。--micch (トーク) 2020年9月9日 (水) 22:11 (JST)

(期限予告)分析は9/22(火)まででいったん区切り、そこまでに出てきた要素を元に再発防止の合意形成に移りたいと思います。--micch (トーク) 2020年9月15日 (火) 23:17 (JST)   改行忘れ訂正 --micch (トーク) 2020年9月15日 (火) 23:19 (JST)

なぜ編集

第1の「なぜ」編集

1. 諸規定がないがしろにされた件(CU権行使後の報告怠慢、削除の方針に則っていない記事の削除、方針に則っていない新規ルール制定、不正利用フィルター関連)
⇒諸規定をないがしろにすることで無制限に権限が行使できるため
⇒荒らし対策を行うための手段は多ければ多いほどよいため(?)
⇒「諸規定をないがしろにする管理者」に対してペナルティを出すハードルが高いため
管理者不信任動議による解任過去の実例では長大な議論の果てにようやく「解任」へと至ったこともあり、手を出しづらい
⇒ハードルを1ランク下げたWikipediaの「コメント依頼」のような制度がUCPに存在していない --micch (トーク) 2020年9月9日 (水) 22:06 (JST)
⇒「無視された方針」はジョーク表現であることを忘れていた。
⇒英語版のZombiebaron氏と「無視された方針」の話をしたとき、氏はこれがジョーク表現であることをしっかり認識していた。日本語版では、これがジョークであることを忘れ、本当に「無視してよい」(特に非常時と判断した時)と思ってしまった側面があるのではなかろうか。--痴愚神信者Talk/Miraheze) 2020年9月20日 (日) 12:57 (JST)
⇒「LTA対策」が錦の御旗となり、「LTAにとって不具合になるなら、同意も確認も不用」「こんな過疎地で、それこそLTA以外が異論を唱える筈がない」と都合よくルールを改編できる口実に使われたから--扇町グロシア (トーク) 2020年9月20日 (日) 20:53 (JST)
⇒投票権を特権階級に絞り過ぎたこと(不信任動議のハードルの高さにもつながるが)。
⇒確かUCPでは、LTA対策の名の下、権限関連議論などはごく限られた人しか参加できない仕組みになっているはず。
⇒英語版などのいくつかの外国語版では、全ての利用者に投票権がある。
⇒そこまで必要とまでは私も思わないが、投票権の過剰な制限は、裏を返せばその少数だけコントロールして味方につければよい、ということを意味する。
⇒SHINJI氏の告白したことなどを見るに、実際にそのような手段が取られていた。
⇒結果、異論を唱える権利のある人が異論を唱えられず、権利がないのに異論を唱える奴は悪意ある攪乱者=LTAに違いない、という論理がまかり通る状況になっていったことも大きいのではないかと思う。--痴愚神信者Talk/Miraheze) 2020年9月20日 (日) 12:57 (JST)
⇒そういう「規制強化の口実になる行動ばかりとるLTA」が実際に存在するのか否か曖昧なまま、多くの(生き残っていた少数の?)ユーザーが議論や管理への興味を失って荒れるに任せていたため--扇町グロシア (トーク) 2020年9月20日 (日) 20:53 (JST)
⇒特権があるのは一般利用者の成長を促す側面として設定されているケースもあるのでこれが一概にNGとは言えない。--micch (トーク) 2020年9月20日 (日) 23:00 (JST)

第2の「なぜ」編集

2. 検証不能または不透明なLTA認定・ブロックの大量発生(XYZ案件も含む)
⇒CUによって得られる情報で判断可能な領域が減っているため
⇒CU導入当初と比べて、アクセス手段や手法が大きく変化したため
⇒UCP初期から「一部の情報が類似」だけで同一認定してブロックし、後で誤認が分かったケースが度々あったが(事例)、誤認ブロック抑止の対策が検討すらされていない(とみられる)ため --micch (トーク) 2020年9月9日 (水) 22:06 (JST)
→経緯の説明や検証が「LTAの利益になる」とタブーにされ、疑問を持つ事自体が荒らし扱いされ「不透明であってもルール上問題無い」と解釈されていたため--扇町グロシア (トーク) 2020年9月9日 (水) 22:13 (JST)

第3の「なぜ」編集

3. CUの相互チェックの形骸化
⇒えふ氏(CUとしては休眠状態)以外のCheckUserはメールで情報共有や合意形成をしていたため(事例)
⇒CheckUserが荒らし対策を優先したため
⇒CU権行使報告が義務付けられていないため --micch (トーク) 2020年9月14日 (月) 22:23 (JST)
Uncyclopedia:チェックユーザーの心得(CU権行使報告についての取り決め)を方針ではなくガイドラインとしているため(議論)--誰か 2020年9月15日 (火) 20:40 (JST)
CU権濫用規定が形骸化しているため --micch (トーク) 2020年9月14日 (月) 22:23 (JST)
Wikimediaのやり方を模倣していた可能性?Wikimediaはスチュワード+CUのみが参加できるMLやIRCが存在している。 --micch (トーク) 2020年9月14日 (月) 22:23 (JST)
⇒JAWPや他Wiki(Chakuwiki、Enpedia)でもCU結果の相互チェックはされておらず、MediaWiki系サイト全体として相互チェックが行われていない傾向にある --micch (トーク) 2020年9月14日 (月) 22:23 (JST)
⇒JAWPや他WikiではCUの独断によるCU権限行使が少なく(JAWPの場合は合意形成を経て行使)、CU結果に対する相互チェックを行う必要性があまりないため--誰か 2020年9月15日 (火) 20:40 (JST)

第4の「なぜ」編集

4. 異議申し立ての機能不全
⇒異議申し立てに対しては攻撃的な対応(主に投稿ブロック。他に会話ページでの警告のようなケースもある)がたびたび行われたため
⇒攻撃的な対応を禁じていないため(ウィキペディアの場合はwp:ja:Wikipedia:個人攻撃はしないで規制)
⇒被告人が裁判を仕切るような状況になっていたため(事例)
⇒異議に対して提出者、被告者(被依頼者)、第三者に関する規定およびガイドラインが存在せず、被告者が裁判を仕切ることが可能となっていた。Wikipediaのコメント依頼では「原則的に、依頼提出者または第三者によって議論の取りまとめが行われ終結が宣言された段階で終了案件と見なし~」というガイドラインが存在する。--micch (トーク) 2020年9月15日 (火) 23:10 (JST)
⇒異議申し立てや不信任提出を理由にブロックしてはならない、とは言え幾らでも抜け道が用意されているため
⇒「挙動が不審なので調べたらLTAだった」と一言書けば個人的な理由での報復ブロックをも合法化出来るため--扇町グロシア (トーク) 2020年9月20日 (日) 20:53 (JST)
IRC創設案の頓挫で、JAUCP専用の外部チャンネルがなかったことも一因。
⇒結果として、USPへの移動などでは済ませられないだけの不満を抱えた層が、別の外部チャンネルであるUnMetaへと流れてしまった。
⇒今はDiscordのおかげである程度改善されていると思います。--痴愚神信者Talk/Miraheze) 2020年9月20日 (日) 12:57 (JST)
⇒投票権の過剰な制限。以降の論拠は1に示したこと同様。--痴愚神信者Talk/Miraheze) 2020年9月20日 (日) 12:57 (JST)

今後の議論について編集

さて期限から1週間も寝かせてしまいましたが問題点の洗い出し結果は以下の通りです。なお、「可能性がある」「ではなかろうか」など、推測系のフレーズがあるものは混乱を避けるため排除します。(この手のものは事実と推測を明確に分けないと後で混乱します)

1. 諸規定がないがしろにされた件
  1. Wikipediaの「コメント依頼」のような制度がUCPに存在していない
  2. 「LTA対策」が免罪符となっていた
2. 検証不能または不透明なLTA認定・ブロックの大量発生
  1. CU導入当初と比べて、アクセス手段や手法が大きく変化している
  2. 「LTA対策」の名の下、経緯の説明や検証がスキップされている
3. CUの相互チェックの形骸化
  1. CU権行使報告がガイドラインにとどまっており濫用規定が形骸化している
4. 異議申し立ての機能不全
  1. 被告者が発議者に対する攻撃的な対応を禁じていない
  2. 被告者が裁判を仕切ることが可能となっていた
  3. 参加可能なアカウントの規定が厳しい

2,3はCUという機能や制度を今後どうしていくかと言う議論になると思います。外部Wiki見てみたのですが「CUってめったにやらないものじゃね?」というのが正直なところです。JAWPなんか今年のCU実施実績ゼロ(9/30時点)ですよ。1と4はそれぞれ個別に対策を議論すれば良いかなと。

というわけで、今後の進め方は以下としたいのですがご意見ありますでしょうか。

  • 「1. 諸規定がないがしろにされた件」「4. 異議申し立ての機能不全」については個別にForumを立てて改善策を議論する
  • 「2. 検証不能または不透明なLTA認定・ブロックの大量発生」「3. CUの相互チェックの形骸化」については、「CUの扱いについて再検討(仮題)」に一本化して取り扱いを議論する

もう鉄槌から4か月も経ってますし、当時はああだったこうだったというのは時期が過ぎています。上記2点の実行を以て再発防止とし、一連の戦後処理をクロージングしたいと考えてます。--micch (トーク) 2020年9月30日 (水) 12:57 (JST)

(追記)付議してから1週間経過しましたが2名の方からしか意見表明がありません。鉄槌対象人物の管理者復帰から数えれば3年にも亘る検証不能な無期限ブロックの嵐など、一連の騒動をクロージングするにはあまりにも過小過ぎるので、あと1週間意見募集を継続します。それでも出てこなければサイレントマジョリティの合意を得たとみなして先に進めます。--micch (トーク) 2020年10月7日 (水) 22:48 (JST)
(賛成) 異論ありません。--扇町グロシア (トーク) 2020年9月30日 (水) 15:48 (JST)
(賛成) 改善策の議論に関しても年内に終わらせたいところです。--誰か 2020年9月30日 (水) 19:30 (JST)
(賛成)議論サボってた身ですが、上の議論を読了して。--へっぽこピーナッツ (トーク) 2020年10月12日 (月) 17:59 (JST)

  2週間を経過しました。一般利用者1名の方の賛成意見追加と反対意見0件により、『「諸規定がないがしろにされた件の改善策」「異議申し立ての機能不全の改善策」を定め、「CUの扱いについて再検討(仮)」も行うことによって再発防止策とする』ことで鉄槌の総括といたします。鉄槌から約5か月、まあ、いろいろありましたね。鉄槌を見て「焼け野原ですねー」と軽い気持ちで5年ぶりにForum登場した人がここまでファシリテートすることになるとは思いませんでした。後日該当Forumも立てますが、「CUの扱いについて再検討(仮)」はかなり重いため他の2件が決着してからのForum立項とします。また「これも検討要るんじゃね?」というのがある場合は他の方からのForum立項は妨げません(当たり前だけど)。

上記の通り再発防止策の議論はこれからですが、一連の戦後処理はここでいったん区切りとします。なお鉄槌の総括を虚構新聞のお詫びのような文書にしたいという話がだいぶ前に出てましたがこちらは他の方にお任せします。ご協力ありがとうございました。 --micch (トーク) 2020年10月15日 (木) 22:10 (JST)