Forum:名誉毀損に関する記事について

コミュニティ・ポータル > 雑居房 > 名誉毀損に関する記事について


アンサイクロペディアではしばしば、特定の個人・組織・団体などの中傷にしかならない記事が見受けられます。それらはユーモアなしとして{{Fix}}などの適切な方法で削除するのが妥当と思います。

しかし、当人や関係者からの苦情が来た場合、その意見を尊重して即時削除をすべきかどうか、削除の方針を見直したく思います。理由としては、Uncyclopedia:削除の方針の即時削除および削除の要件として「名誉毀損に発展する恐れあり」は削除の案件に含まれているためです。この部分を明確にし、削除の方針に加えたいと考えております。例として下記のノートを挙げます。

前者の場合、名誉毀損の恐れのある記事として削除が出来そうでしたが、念のためFixで仮対応しております。こちらは苦情を申し立てたのが当人であることが間違いないと取れるため、当人の意見を尊重すべきと思います。一方で、後者の場合は、当人であることの確認が取れていないため、削除には応じておりません。もちろん、削除する場合は当人の苦情が来たからという理由だけではなく、記事本文を確認したうえで、削除が妥当かどうかを管理者が判断する必要があります。よって、

「名誉毀損の恐れのある内容の記事において、当人からの苦情であることが明確に確認できた場合」

においては、即時削除の案件に該当し削除することができるものとします。無論、当人であることの確認が取れる場合にのみ、削除がまかり通るものとします。これに賛同頂けるか、あるいはユーモア無しとして、通常通り{{Fix}}などで対処するのが望ましいのか、コミュニティの意見を求めたいと思います。--PenguinofsignalnatureofSHINJI.gif SHINJI:Talk-Log 2018年12月2日 (日) 16:45 (JST)

  • (コメント) 条文の追加には賛成ですが、関係者と確認出来たものの結局削除しなかったケースもあるので慎重に判断するよう明記したほうがよいと思います。第三者の場合は{{Fix}}を使うよう誘導してもよいかもしれないです。--誰か 2018年12月2日 (日) 17:41 (JST)

コメントありがとうございます。そちらの凡例は知らなかったため、参考にします。長すぎて流れを追うのが大変だけど。なお、たとえいかなる理由であっても、依頼者の態度の悪さや、白紙化などの荒らし行為に出る場合は、それは荒らし行為として処理すべきと考えております。--PenguinofsignalnatureofSHINJI.gif SHINJI:Talk-Log 2018年12月2日 (日) 19:42 (JST)

  • (賛成) 本人から直接の苦情が来た場合、それで良いと思います。ただ神田朱未の記事に関しては「Twitterで不快がっていると知った第三者からの依頼」という間接的なものなのがちょっとだけ気になりますが。--扇町グロシア (トーク) 2018年12月2日 (日) 19:38 (JST)
    • 当人が削除したがっているがなぜかできないと話しているので、当人の気持ちを恵んでの行為でしょう。ただし、白紙化などの荒らし行為を容認できるものではありません。--PenguinofsignalnatureofSHINJI.gif SHINJI:Talk-Log 2018年12月2日 (日) 19:42 (JST)
  • コメント コメント 当事者からの訴えがあった場合でも、一度削除議論を経たほうがよいのではないかと思います。名誉棄損の「閾値」も人によって違うので、こんなジョークサイトに自分の記事があるというだけで許しがたいといった主張がなされる可能性もあるからです。「当事者からの名誉棄損の訴えがあった場合、当該記事が名誉棄損と認められるか、記事の品質は十分といえるかといった観点で削除議論を行う」というような文言を削除の方針で明示するのはいかがでしょうか。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2018年12月3日 (月) 11:33 (JST)
    • 確かに閾値はそれぞれであることや、当人からの依頼でも削除なされなかった事例があるため、即時削除すべきか迷う時は判断材料として議論を通しても良いと思います。しかし、ご存知の通り先に挙げた例では削除議論を展開したものの「削除の方針に無いため却下」という理由での即時存続票がなされています。今後も同様のことになったら、そもそも議論を展開する意味がありません。そのため、削除議論を通す方式を取る場合でも、削除の方針の条文を追記し、議論を展開できるようにしたく思います。--PenguinofsignalnatureofSHINJI.gif SHINJI:Talk-Log 2018年12月3日 (月) 21:53 (JST)
      • おおよそSHINJIさんと意見は一致していると感じましたが、同時に相違点もあったので練り直す形で以下のように提案したいと思います。上記の理由で即時削除を対応の基本線とするのにはやはり懸念が残るので、「即時削除される記事」・「十分な品質に…」・「低品質な…」に並列する形で「名誉棄損の恐れがある記事」という節を設け、そこで対応の方法を明示するのはいかがでしょうか。対応の方法については、「当事者からの名誉棄損の訴えがあった場合、当該記事が名誉棄損と認められるか、記事の品質は十分といえるかといった観点で削除議論を行う。この際「即時削除される記事」での規定にかかわらず状況に応じて即時削除票を投じることができ、即時削除を支持する合意がおおむね形成されたと管理者が判断した場合には即時削除される。」という条文をひとまず提案することにします。--文鉄1999 (署名補記のすゝめ) 2018年12月3日 (月) 23:43 (JST)
        • 確かに事例も踏まえると、即時削除をする前にコミュニティの意見を求めることを優先した方がよさそうですね。条文の方を改めて作成してみます。--PenguinofsignalnatureofSHINJI.gif SHINJI:Talk-Log 2018年12月11日 (火) 21:56 (JST)
  • (コメント)「こんなて゛まさいとにまし゛になってと゛うするの」とは思うが「名誉毀損→即削除」は個人的に反対。ちゃんと議論すべき。そうでないと、「名誉毀損=『気にくわない』」と俺解釈して騒ぐ阿呆がでてくるから。「荒らしに正統な理由は一切ない」ということで、手続きをちゃんと踏むほうが後々のことを考えればいいと思う。こういう記事は大抵fix張って1ヶ月後に削除できるものが多いとは思うけど。削除議論で考慮すべきポイントとして書くのは賛成。
本当は即時削除の基準が作れればいいけど、「個人情報の暴露」以外で基準を作るのが難しそう。名誉毀損ってセクハラとかと同様で受け止める側の感覚でしかないからねぇ--BCD (トーク) 2018年12月11日 (火) 23:33 (JST)
  • コメント コメント あくまで「ウィキペディアのパロディ」かつ「ジョークサイト」なので誰か(普通名詞)が不愉快になる可能性のある記事なら排除すべきでしょう。私個人は中傷記事でなく「さっぱり面白くないけどかといって消すこともできない記事」で日々ストレスをためています。というのは置いておいて、過去には旧2ch発祥の「半ズボン氏」(削除の後、内容を変えて復活)や「東京kitty」などが、本人の抗議があったからではなく、議論を経て「中傷記事なんて書いても面白くないよね」(意訳)とされて削除された事がありました。以前はそういう良心があったのに、いつの間にかどこぞの便所の落書きに近くなっている気がします。東京FMから抗議があった際、私は黙っていましたが、その後のコミュニティの動きも疑問に感じました。ウィキペディアでご本人登場の上、編集合戦となった「西和彦」なら立派な「ウィキペディアのパロディ」ですから問題ないと思います。一律の線引きは難しいかもですが。ただ神田朱未さんのようなケースでは、法的にどうのという以前の問題として、もしご本人がSNSでUCPに対するネガキャンを行い、それにつられて大量の荒らしが発生する可能性があるので、問題だと思いますね。ネット上のUCPの評価も「あそこに書いている人は頭のおかしな人ばかり」などという、至極まっとうな評価に変わってきている気がします。

おそらくそういった記事は既に多く存在すると思いますので、ルールに明文化の上、既存の記事についてはバッサリやっても良いのではないかと思います。-- by CatofsignatureofMuttley.png Muttley /Talk/ Track 2019年1月28日 (月) 00:41 (JST)

確かにただの悪口にしかなっていないことが書かれている記事が今でも多々あると思います。見逃されたものや大分前に投稿されたものなどが生き残っている感じでしょうか。そう言ったものも整理しておきたいですね。
神田さんの場合は事実本人の告白をきっかけに、白紙化の荒らし行為が続いていましたね。いかなる理由はあれど、荒らし行為による削除は容認できませんが、そういう記事の作成を認めないということはきちんとルールの中に制定しておきたかったと感じております。アンサイクロペディアを見て不快な気持ちになることの無い記事作りをするためにも、色々と改善を重ねていきたいところです。--PenguinofsignalnatureofSHINJI.gif SHINJI:Talk-Log 2019年1月30日 (水) 22:36 (JST)

コメント コメント :ここで書くことではないでしょうし、そもそも「お前が言うな」と言われそうですが、本当の危機はLTAでなく、誹謗・中傷記事の乱立によるアンサイクロペディアの過疎化でしょう。当のLTAの中の人は、記事の質はともかくとして投稿には熱心でした(過去形)。ちなみにチャクウィキは、入っていく敷居の低さも関係していると思いますが、アクセス数はずっと安定しているそうです。-- by CatofsignatureofMuttley.png Muttley /Talk/ Track 2019年2月1日 (金) 00:31 (JST)

草案編集

削除の方針に「名誉棄損の恐れがある記事」という節を設けたいと思います。ひとまず、例文を作成してみましたので、それらを追記・修正し、不備がないと言える状態まで整いましたら、Uncyclopedia・トーク:削除の方針にて議論したいと思います。

特定の個人・団体の記事の

  • 誹謗中傷
  • 差別的表現
  • 風評被害となり得る事実無根な記述
  • 当事者またはその関係者であることが証明できる人物からの削除の要請

判例

削除の手順

  • {{Fix}}などの修正テンプレートを記事に貼り付けてください。
  • 改善されなかった場合、管理者は記事を確認して、残すべきか削除するべきかを決定します。
    • 改善された場合、名誉毀損に当たる古い版に関しては、状況に応じて特定版削除を実施すること。

例外

  • 当事者からの依頼・要望などの場合、{{Fix}}などを介さずに{{削除議論}}を展開することができるものとする。
    • その場合、当該記事のノートに、当事者からの依頼であることが確認できる情報を提供すること。
    • この際「即時削除される記事」での規定にかかわらず、状況に応じて即時削除票を投じることができ、即時削除を支持する合意がおおむね形成されたと管理者が判断した場合には即時削除される。ただし、投票については投票権を獲得している利用者のみが行えるものとする。
    • 削除に賛成ではないが、記事の質に問題があると判断した場合、上記の{{Fix}}の添付にて対応する。
  • 個人情報の暴露など。こちらは即時削除の対象とする。

と言ったところでしょうか。一部は「即時削除」の一覧のを移動させる形で作成しています。この内容で賛成か、何か追記修正すべき部分がないか、ご確認お願いします。--  SHINJI:Talk-Log 2018年12月11日 (火) 22:26 (JST)修正。--  SHINJI:Talk-Log 2018年12月18日 (火) 23:05 (JST)

(コメント)「当事者またはその関係者であることが証明できる人物からの削除の要請」を「誹謗中傷」「差別的表現」「風評被害となり得る事実無根な記述」と同列に並べると「名誉棄損の恐れ」の定義がぼやけてしまい、上の節でBCDさんがコメントしている通り自分勝手な解釈の余地が出来てしまいます。当事者云々の話は例外か注釈に記載したほうがよいです。--誰か 2018年12月12日 (水) 21:03 (JST)
(コメントでーす)同意見。後者3つはある意味、クレームが来てもわかりやすいし、大抵は判断しやすかった記憶があるがが、最初のは確認から始まって「そもそも名誉毀損か?」というところから判断する必要がある場合も結構あった気がする。こういうのって、過去事例をみて、この記事だったらこう、あの記事だったらこう扱う、というようなイメージをしたほうが作りやすいんじゃないかと。--BCD (トーク) 2018年12月12日 (水) 21:36 (JST)
コメントありがとうございます。例外の方に記載していますので「当事者またはその関係者であることが証明できる人物からの削除の要請」の部分は一覧から消しておきました。クレームをつけるユーザーが好き勝手出来ないよう、記事の存続・削除は投票権を獲得するユーザーによって判断するよう追記もしました。名誉毀損かどうかは微妙にしても、単純に面白くないものもあるでしょうし、それはそれで適切な措置を施すのが良いと思われます。--  SHINJI:Talk-Log 2018年12月18日 (火) 23:05 (JST)
意見が出ないようですので、この草案でとりあえずルールの追記を提案します。--  SHINJI:Talk-Log 2019年1月26日 (土) 19:06 (JST)