野口英世

野口英世(のぐちひでよ)とは縦7.6cm、横15cmの形をした長方形の紙であり、日本銀行なる銀行が発行している。おそらくその銀行でしか使えないのだろう。現在国立印刷局なる印刷所及び金王国革命化資金調達印刷工場でのみ製造が認められている。

野口英世

デザイン編集

まず野口英世の表の図案は上のほうの2箇所に「1000」という文字があり、左の中央付近には「日本銀行券 千円 日本銀行」とかいてある。また右横には男性の肖像画が描かれており、その下のほうには小さい字で「野口英世」と書かれている。また、裏を見ると左にはに映る逆さ富士など日本の象徴的な光景が書いてある。さらに中央付近には表の右横に書いてあった男性のすかしが入っており、いかにこのおじさんが偉いかということを強調して書いていると考えられる。よほど価値のある紙らしく、一枚ごとに異なる通し番号がつけられているほか、表の捺印部は紫外線を当てると光る。

表のおっさんを肖像に選んだ理由編集

まず生まれながらに貧乏であった、先祖代々貧乏百姓な生粋の貧乏人で、大火傷を治す金が無かったため同級生に募金してもらうほど貧乏であった。成人後は大人の遊びをおぼえたために貧乏であった。友人から恩師まで更に製薬会社の社長にまで借金をしまくり、当時の借金王世界一選手権にもノミネートされている。この事実から、現在の借金だらけの日本経済を表現している。と日銀総裁が提案したのではないかという説が一般的である。

野口英世の財産としての価値編集

野口英世は持っているだけで価値があると考えられている。ここでは各国の通貨と比較した野口英世の価値を書く。

  • アメリカドル 野口英世1枚につき約12~13ワシントン
  • ユーロ 野口英世1枚につき約7ユーロ~10ユーロ
  • イギリスポンド 野口英世1枚につき約5エリザベス女王
  • スウェーデンクローナ 野口英世1枚につき約90クローナ
    • 一昔前は「約1エバート・タウベと2アストリッド・リンドグレーン」あるいは「約0.9グレタ・ガルボ」という訳のわからない表現で表された単位だが、現在のスウェーデンは完全キャッシュレス国家であり、もはや現金は発行されていない。
  •  野口英世1枚につき1000円
  • ウォン 野口英世1枚につき約0.8世宗大王
  • 人民元 野口英世1枚につき約60毛沢東
  • 台湾元 野口英世1枚につき約3孫文
  • マクドナルド 野口英世1枚につき約3.57ビッグマック
  • スターバックス 野口英世1枚につき約2.77トールラテ
  • 駄菓子や 野口英世1枚につき100うまかぼう
  • この調子でジンバブエドル子供銀行券デデンやインドの0ルピー札の枚数などを「野口英世1枚につき…」と計算しようものなら、それらは一切価値がないので、0除算となってしまう。

紙の無駄使い?編集

最近、ターバン姿の野口が確認している。詳細は2008年時点では不明だが、専門家は「無駄遣いを助長している」と非難している。

肖像画のおじさんの偉業編集

奇しくも肖像画に描かれた男性の名も「野口英世」と言うらしい。ここではその野口英世の偉業を書く。

  • 梅毒を研究し、多くの功績を残したように思えたが、ほとんど間違いで、いっこだけあってた。
  • 黄熱病の研究をし、多くの功績を残したように思えたが、みんな間違いだった。
  • 狂犬病小児麻痺の研究をしたが、やっぱし間違いだった。
  • 惚れた女に、人間の頭蓋骨プレゼントして、ドン引きされた。
  • 多額の借金の踏み倒し、結婚詐欺(結婚する約束で結納金を得たが、アホなブス女は嫌だと結局結婚せず、アメリカ娘と結婚した)

など。 なお、菌をすげー見た事により菌たちから反感(菌たちはプライバシーの侵害と主張)を買い、菌たちからすげーかもされたことも付記しておく。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「野口英世」の項目を執筆しています。