メインメニューを開く

Uncyclopedia β

曖昧さ回避 この項目は、正体不明の古代遺産について記述されています。酔うと自意識過剰になってしまう酒の一種については、自分 (酒)の項をご覧ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自分」の項目を執筆しています。

自分とは失われた古代の遺産であり、これを獲た者は永遠の命を手にすると伝えられる。 その為、これを探しに旅に出るものが後を絶たない。

目次

起源編集

歴史上自分が初めて登場した時期は、人類の発祥にまで遡ると言われる。しかし、人類の発祥より以前から存在したという説もあり、水面下で議論が繰り広げられている。

古代人は自分の力を寄せ集めることでピラミッドモーゼの奇跡、インドでの超兵器製造や日本列島作りといった種々の偉業を実現したが、紀元前1000年頃、ギリシアパンドラの箱が開けられたことで希望が生まれ、これと引き換えに自分は所在不明となった。

詳細編集

自分の正体編集

現在に至るまで発見されたという情報は無く、詳しい事は何もわかっていない。また、見失ってしまうものとしての認識が強く、早期の発見が切望されている。

自分はどこに?編集

具体的なありかはわかっていない。ヒントとなり得る情報は、エジプトピラミッド付近から発掘された石碑の一文「自分は、あなたのココロの中にあります。ピヨピヨ」や、中国殷墟から発掘された甲骨文「自分を何個王に捧げるとよいでしょうか教えてちょんまげ」位しかなく、これらの文章の真実は現在も解析中である。また、神の怒りを買い海の底に沈んだとされる大陸の中にヒントが隠されていると言われているが、これも定かではない。

過った認識による自分編集

自分探しの旅と称してインドへ行く人が増えているが、帰って来た彼らがなにかしらの人間的成長を遂げたのかというとそうではなく、ただ漠然とインド雑貨店を開き、生計を立てる事が多い。また、マリファナをキめている時だけが本当の自分だと信じてガラスパイプを携帯する者が多い。

これらの人々は自分を見誤ったとされ、日本では「恥」とされている。

余談編集

ちなみに、関西弁では「自分」という語は二人称(あなたやお前ってこと)として使われることがある。案外、探すまでもないぐらいすぐそばに存在しているのかもしれない。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「自分」の項目を執筆しています。


この項目「自分」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)