メインメニューを開く

Uncyclopedia β

締め切り駆動開発

「はじめに納期ありき」
締め切り駆動開発 について、聖書

締め切り駆動開発(しめきりくどうかいはつ, Deadline Driven Development,)は、モデル駆動開発 (MDD) やテスト駆動開発 (TDD) と並ぶ開発手法でありながら、両者よりもはるかに普及しているという特徴を持つ開発手法である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「締め切り駆動開発」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

目次

概要編集

従来の開発手法では、開発途中に顧客からの仕様変更が出ることにより、手戻りが発生してスケジュールの余裕が失われ、品質低下や納期遅れにつながる問題が多発していた。

締め切り駆動開発では、スケジュールの問題に対してまったく逆のアプローチを取る。つまり、締め切りギリギリまでは開発に着手せず、顧客とのコミュニケーションに専念する。どんなに幸運でもこれ以上遅らせると炎上すると言うところまで来て、開発を開始する。この段階で次の顧客の仕事を始めたことにし、リソース消費の平均化を実現する。

締め切りをすでに過ぎているというプレッシャーを利用して開発を進めるところから、締め切り駆動開発と呼ばれる。

メリット編集

  • 仕様変更をせまられた場合でも「納期に間に合わなくなります」もしくは「納期がさらに遅れます」と言うことで、ほとんどの仕様変更を見送ることができる。
  • 本当に仕様変更が必要な場合、スケジュールや予算を交渉しやすくなる。
  • 顧客からの判断を待たず、都合の良いように仕様を決められるため、開発者のアイドルタイムを削減できる
  • 顧客にテスト(場合によってはデバッグも)を手伝ってもらえる
  • 独創的な機能を入れても咎められないことが多い

デメリット編集

  • まず間違いなく締め切りに遅れ、品質も確保できないので、ペナルティを課せられる場合もある
  • 開発者がアンサイクロペディアに書き込む時間がなくなる
  • ときどき開発者を再インストールする必要があるかも知れない

開発プロジェクト以外への応用編集

生産管理の分野では、在庫を持たずにオンデマンドで生産することを「プル生産」や「JIT」(Just in time)と呼んでいる。トヨタカンバン方式が有名である。

出版業界では作家に対して缶詰と呼ばれる手法が古くから用いられている。

アニメ業界では近年、かんたん作画として試験的に導入がおこなわれている。

関連項目編集

この記事は未完成ですが、もうとっくに締め切りを過ぎています。従って誰が何を書こうとノーチェックで公開されます。このチャンスに、ぜひ秀逸な記事を目指してください。 (Portal:スタブ)