「外人」の版間の差分

49 バイト除去 、 2010年3月31日 (水) 15:23
編集の要約なし
* 日本語が苦手である。これは外連邦の人々の身体的特徴に由来する。彼らの舌の構造は日本語を発音することに向いていないのである。この理由により、外人と話すときは、日本人側が英語を使うことが多い。ただし、稀に日本語を日本人と同じように流暢に喋る外人もいるので油断ならない。
* 他国への理解が苦手である。思想的なものであると考えられているが、外人は総じて日本を含めた他国への理解が薄い。そのため、日本の風土風習に一致しない行動をとることが多く、日本人が外人とのコミュニケーションをとる上での障害になっているのは確かである。
* 多くの国と国交が無く、嫌われている。一国主義的な行動が嫌われているとの説もある。しかし、日本と外連邦との交流は盛んで、海外旅行をする外国民の大半が日本を訪れている。このため、日本国内では「外人」という呼称に<del>特に差別的意味は無いが、日本以外の国では外連邦出身であることは少なからず差別の対象となる。</del>
* 自動車産業が盛んである。詳しくは下記。
 
{{警告|使用した場合人権擁護法違反で罪に問われる可能性があります|「外人」は差別語です}}
匿名利用者