「外人」の版間の差分

47 バイト除去 、 2007年2月19日 (月) 23:32
編集の要約なし
ガイ文化はその成熟度の高さから世界的にも常に注目を集める存在である。当然日本国内にもガイ文化は深く浸透している。しかしながら、ガイ文化は異文化と本質的に相容れない性質を持っている。これは前述の異文化に対する排他的な民族性に裏付けられるものであると考えられている。そのため、文化圏外の人間がガイ文化を取り入れようとする場合、どうしても表面的な部分に注意が行きがちである。例えばそれは言語(の発音)、容姿、仕草の模倣等といった部分で、それらはガイ文化に触れていることにはなれど本質的な理解へとは繋がらないアプローチの方法である。ガイ文化を本質から理解するには多くの社会的、人間的犠牲が伴うとされており、今のところこれを試みる者は極少数である。この様に、理解にはかなりの困難が付きまとうガイ文化であるが、それでも尚他文化圏からの羨望を集めているという事実は、如何にガイ文化が魅力的なものであるかを物語っていると言える。以下では日本文化とガイ文化の接触によって発生した『ガイ来文化』の例を挙げる。
 
* ガイル(る)[[Image:gairu.jpg|thumb|一般的なガイル]]
これは元来、ガイ文化を模倣することを示した「ガイる」という動詞であった。現在では死語になってしまっているが、示す言葉は変れどこれに該当する行動は現代日本人にも根強く受け継がれている。『ガイル(る)』は現在は専ら名詞として用いられてい、ガイ文化への憧れの余りファッションや挙動、果ては生活習慣までもをガイ人に合わせようとする者を指して使う。具体的に説明すると、
 
匿名利用者