「外人」の版間の差分

17 バイト除去 、 2007年1月23日 (火) 22:23
編集の要約なし
(ページ ガイジンガイ人 へ移動: カタカナ表記より「ガイ人」の表記のほうが適切でした)
{{ヘッダー}}
{{白人}}
{{ウィキペディア2|外人|ガイジン}}
 
'''ガイジン'''(-じん)とは、巨大多民族国家である「ガイ民主主義人民共和国連邦政府(略称、ガイ連邦)」の国籍を持つ人の総称である。正確にはガイ人と表記すべきものだが、この項目では主に「ガイジン」との[[カタカナ]]表記をするのとすしばしば見られる。
 
==ガイジンの呼称の歴史==
ガイ連邦という存在が[[日本人]]に認識されるようになったのは20世紀に入ってからである。それ以前、古くは「南蛮人」「紅毛人」、明治時代の初期には「異人」「支那人(中国人)」「朝鮮人」といった呼称が一般的であったが、これはガイ連邦への知識が無かったためである。「ガイ」は古代[[朝鮮]]の伽耶(かや)の国の訛であるという説もある。
:余談だが、南蛮人という言葉は一部を除いてほぼ消滅し、紅毛人は戦時中までに「毛唐」という[[差別]]用語に変化した。支那人は戦後すぐ、朝鮮人は昭和中期までに差別用語としての扱いを受け、正式には使用されなくなっているが、それ以前は差別的意味のない中立的な単語であった。
外国人の多くが自分をガイ国民と混同されることを嫌っているので注意が必要である。わかりやすい例えをすれば、海外旅行中の日本人が Chineese や Korean と呼ばれれば(それらの国を蔑視していなくとも)気分を害するのと似たような感覚である。ましてや、国交が無く嫌われている国の出身者と混同されることは苦痛であろう。
 
日本人にとっては、「外国」と「ガイ(国)」の音が似ていることも手伝い、「日本以外の国」と言えば真っ先にガイ連邦を思い浮かべるが、気軽に「ガイジン」の言葉を使うことは、欧米人が日本も中国も韓国も区別がつかないのと同様、欧米人側から見れば避けるべき風習となる。
 
==ガイ連邦の自動車産業==
==余談==
* ガイ連邦は[[アメリカ合衆国]]と似ているが、全く別の国であるので注意が必要である。
* ガイ連邦は混血児にも国籍を与えることが多く、特に子供片親ガイ出身の白人で在る場合、混血児も「ガイジン」と呼ばれることが多い。これはしばしば[[いじめ]]の理由になるため、子供達の「ガイジン」という言葉には注意が必要である。
 
==関連項目==
6,520

回編集