「外人」の版間の差分

97 バイト追加 、 2007年1月21日 (日) 11:10
(ちょっとキレが弱いかもしれませんが。)
 
 
==ガイジンの呼称の歴史==
ガイ国という存在が[[日本人]]に認識されるようになったのは20世紀に入ってからである。それ以前、古くは「南蛮人」「紅毛人」、明治時代の初期には「異人」「支那人(中国人)」「朝鮮人」といった呼称が一般的であったが、これはガイ国への知識が無かったためである。「ガイ」は古代[[朝鮮]]の伽耶(かや)の国の訛であるという説もある。
:余談だが、南蛮人という言葉は一部を除いてほぼ消滅し、紅毛人は戦時中までに「毛唐」という[[差別]]用語に変化した。支那人は戦後すぐ、朝鮮人は昭和中期までに差別用語としての扱いを受け、正式には使用されなくなっているが、それ以前は差別的意味のない中立的な単語であった。
 
interwiki
1,862

回編集