「外人」の版間の差分

39 バイト除去 、 2007年8月20日 (月) 01:05
+DEFAULTSORT
(+DEFAULTSORT)
{{ヘッダー}}
{{白人}}
{{ウィキペディア2|外人|alt=ガイ人}}
 
'''ガイ人'''(-じん)とは、巨大多民族国家である「ガイ民主主義人民共和国連邦政府(略称、ガイ連邦)」の国籍を持つ人の総称である。正確にはガイ人と表記すべきものだが、「ガイジン」との[[カタカナ]]表記もしばしば見られる。
これは元来、ガイ文化を模倣することを示した「ガイる」という動詞であった。現在では死語になってしまっているが、示す言葉は変れどこれに該当する行動は現代日本人にも根強く受け継がれている。『ガイル(る)』は現在は専ら名詞として用いられてい、ガイ文化への憧れの余りファッションや挙動、果ては生活習慣までもをガイ人に合わせようとする者を指して使う。具体的に説明すると、
 
 ・*強力な整髪料によって髪を逆立てる(高さの目安は顔長×1.5倍)ただしこれは、ガイ人そのもというよりも、ガイ人=派手という認識や、モンゴロイドの扁平で地味な顔つきをフォローするために行っているとする向きもある。
 ・*染色または脱色によって頭髪の色を変える(もっともポピュラーなのはブロンドやブラウン)
 
 ・*ガイ国語(主に英語)を日本語の中に混ぜて使う(例:リスペクトする、チョイスする、ガッツ石松など)
 ・染色または脱色によって頭髪の色を変える(もっともポピュラーなのはブロンドやブラウン)
 
 ・ガイ国語(主に英語)を日本語の中に混ぜて使う(例:リスペクトする、チョイスする、ガッツ石松など)
 
などが典型的なガイルの特徴である。当然ながらこれ以外にも更に奇抜なファッションをする者も存在する。また、筋金入りになると、
*やたらと迷彩色のファッションを着る。タンクトップを好む。
 
 ・*やたらと迷彩色のファショングタグ首に掛けたが。タンクトップを好む
 ・*やたらと宙返り(ムーンサルト)をしたがる。
 
 ・*やたらとドッグタグ納豆首に掛けたがる嫌う
 
 ・やたらと宙返り(ムーンサルト)をしたがる。
 
 ・やたらと納豆を嫌う。
 
といった特徴が共通して見られるようになることから、精神科医の中には一種の精神疾患であるとする向きもある。最近では自虐ネタの一つとして、「俺ガイル(が居る)」という言い回しが広く普及している。
 
* [[国]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:人種|かいしん]]}}
[[Category:人種]]
 
[[en:Gaijin]]