「ノーパンしゃぶしゃぶ」の版間の差分

(-temp)
 
 
== ノーパンしゃぶしゃぶに至る経緯 ==
権力者は古来より、下々のものが憧れてやまない究極の娯楽を極めてきたが、その中でも特殊な位置づけをされているのがこれである。[[中国]]の[[皇帝]]たちは、何千人とも言われる愛人を住まわせるために巨大な宮殿を建造し民を苦しめていたが、'''慈悲深い'''われらが官僚様は国民の[[血税]]を使うことを嫌い、なんとか税金を使わず遊ぶ方法がないか検討していた。
 
その方法については、[[竹下登|竹下]]内閣のころから大蔵官僚の中でひそかに議題に上がっていた。というのも、消費税を導入せねばならないほど当時の国家財政は困窮しており、それまでのように税金で豪遊するということが難しくなってきていたからである。そういう危機感の元、官僚たちは何度も次官級会議を開いたが、国家のエリートをもってしても簡単に答えが出せる問題ではなく解決までに多大な時間を要した。
46,607

回編集