「外人」の版間の差分

117 バイト追加 、 2007年4月29日 (日) 13:31
* 公用語は[[英語]]である。このため、ガイ人を見れば、とりあえず英語で話しかけておけば無難である。ただし英語を母語としないガイ人もいるため、注意は必要である。
* 多民族国家である。あらゆる種類の白人、黒人を含むが、黄色人種は少なく、特に極東地域(日本、韓国、中国など)の民族は少ない。
* 日本語が苦手である。これはガイ連邦の人々の身体的特徴に由来する。彼らの舌の構造は日本語を発音することに向いていないのである。この理由により、ガイ人と話すときは、日本人側が英語を使うことが多い。ただし、稀に日本語を日本人と同じように流暢に喋るガイ人もいるので油断ならない。
* 他国への理解が苦手である。思想的なものであると考えられているが、ガイ人は総じて日本を含めた他国への理解が薄い。そのため、日本の風土風習に一致しない行動をとることが多く、日本人がガイ人とのコミュニケーションをとる上での障害になっているのは確かである。
* 多くの国と国交が無く、嫌われている。一国主義的な行動が嫌われているとの説もある。しかし、日本とガイ連邦との交流は盛んで、海外旅行をするガイ国民の大半が日本を訪れている。このため、日本国内では「ガイ人」という呼称に特に差別的意味は無いが、日本以外の国ではガイ連邦出身であることは少なからず差別の対象となる。
3

回編集