メインメニューを開く

Uncyclopedia β

今鏡

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「今鏡」の項目を執筆しています。

今鏡(いまかがみ)とは現実逃避しているNEETや身の程をわきまえない中二病患者腐女子などの痛い人に現実を見つめさせ、今のどうしょうもない自分を認識させ悔い改めさせる為に道鏡が作った魔法の鏡であり、大鏡水鏡増鏡手鏡と並ぶ五鏡の一つである。

また、ここに紫の鏡を加えて六鏡とすることもある。

概要編集

人間の言葉を喋る事が出来、今鏡に向かって「鏡よ鏡、この世で一番秀逸な記事は何?」などとどうしょうもない世迷言を吐くアンサイクロペディアンなどに現実の腐りきった己の姿を映し出し見せつけると共に、容赦なく辛辣な言葉を浴びせてきた。その為「もうちょっと相手の立場も思いやれや、鏡の癖に」との批判もある。大鏡とは対極の存在となっており、大鏡を見て妄想と現実の区別が付かなくなった阿呆を正気に戻す為のカンフル剤として使われる。今鏡の見せる現実があまりに辛すぎて自殺してしまう人もいるため問題になっているが、「ありのままの現実を見た程度で自殺する奴は精進が足らないんじゃないの?」と言う意見もある。ちなみに口癖は「戦わなきゃ現実と」である。

関連項目編集

この項目「今鏡」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)