メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ワンガリ・マータイ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ワンガリ・マータイ」の項目を執筆しています。

ワンガリ・マータイ (Wangari Muta Maathai 1940年4月1日-2011年9月25日)とは、ケニアの英雄であり、の化身である。

目次

生い立ち編集

1940年、ワンガリ・マータイは、ケニア中部の農家の娘として誕生した。十代に満たないころからすでに並外れた巨体ととてつもない怪力を有しており、父親の農作業を手伝う彼女の足音がケニアのやせた大地に毎日のように響いた。彼女の有り余る体力は、猛勉強の末アメリカの大学を卒業後、さらに2つの大学で修士号と博士号を取得した後も衰えることはなかった。1997年から、その強大な力を有効活用すべく彼女は植林作業を始めた。苗木を3000本単位で腕に抱えて投げ飛ばすと言う荒技により、その植林範囲はまたたく間にアフリカ大陸全土に広がった。

その腕力に劣らぬ強固な意志の持ち主であった彼女は当時のケニア・アフリカ民族同盟の独裁政権を痛烈に批判し、何度か逮捕・投獄されたが、その度に鉄格子を捻じ曲げる・南京錠を噛み切る等して脱獄している。

転機編集

2004年、彼女はそれまでの功績を讃えられ、ノーベル平和賞を受賞した。奇跡が起きたのは、その報告会に望んだときだった。彼女がまさに壇上で喜びのコメントを発しようとしていたその瞬間、人々の動きが止まった。驚いて辺りを見回すが誰一人微動だにせず、恐怖におびえる彼女の上に、聖なる光が降り注いだ。それに続いて、穏やかな声が響き渡った。

案ずることはない、ワンガリ。イエス様の十二使徒の一人であり、お前を祝福しに来たのだよ。私と同じ名を持ち、今まで平和のために尽くし、これからも尽くすであろうお前に、私の力を授けよう。お前は私とひとつになるのだ。

甘美な時が訪れ、すぐに去った。人々は何事もなかったかのように再び動き出した。マータイはマイクを握り締め、渾身の力をこめて叫んだ。

エイズウイルスは西洋の科学者による生体工学の産物であり大量破壊兵器です!アフリカにおいて、黒人を苦しめるためにばら撒かれたのです!」

マイクはひしゃげ、聴衆はみな恐怖で顔を引きつらせていた。その怪力に加え、驚異的な宣伝能力を授かった彼女はもはや無敵であった。彼女は胸を張って退場し、家に帰って鏡を見、頭に角が生えているのに気づいたのだった。以後、彼女はそれを布で覆い隠し、平然と国会議員として政治活動にいそしんだ。そして2005年、この神の化身は、日本に上陸することとなったのである。

MOTTAINAIキャンペーン編集

2005年2月、京都議定書に関連した催しに参加するため来日したマータイは、日本語の「もったいない」という言葉を耳にし、再び覚醒した。彼女はすぐさまこの言葉を「MOTTAINAI」と変換し、大規模なキャンペーンの実施を決意し、その第一段階として彼女は日本全国を行脚し始めた。彼女は「モッタイナーイ、モッタイナーイ」と大声を張り上げつつ各地で一軒一軒見回りを行い、少しでも環境負荷の要因を見つけると、怒りで顔を紅潮させて家に押し入り、生活態度の改善を要求した。彼女のこの地道な活動は多くの日本人に深い感銘を与え、彼女は行く先々でを投げつけられるなどの歓迎を受けた。ことに東北地方においては、子供がみな彼女を見るなり「NAMAHAGE!!NAMAHAGE!!」といって家中を走り回ったという。

日本全国行脚の終了後マータイは一時帰国し、国連女性地位委員会で出席者全員に「MOTTAINAI」と唱和させるという大業を成し遂げる。このとき彼女は出席者全員が自分と対等な立場で話せるようにとの配慮から、話している相手の胸ぐらをつかんで自分の目の高さまで持ち上げるという手段をとった。

そして2006年、かの有名な毎日新聞の招待により再び来日し、数々の市や小学校・大学等で講演を行った。日本人が忘れかけている精神である「MOTTAINAI」の重要性を再び呼びかけたのである。聴衆はいったいいつ自分たちがこの精神を忘れかけたのか分からないまま、それでも彼女の演説に熱心に耳を傾けた。彼女は風呂敷を大変気に入り、いくつかの演説の中でこれを「MOTTAINAI」精神の象徴であると述べたが、ただ単に彼女の角を隠すのにちょうど良い大きさであったというだけのことである。講演が終わり、配られた風呂敷を手に会場をあとにした人々は思った―あの人は一体何をしに来たのだろう、 と。

帰国後も彼女は世界各地で積極的に「MOTTAINAI」キャンペーンを行ったが目立った成果はなく、加えて2007年のケニア国会議員総選挙で落選し、活動範囲を大幅に狭めた。以後しばらくは「MOTTAINAI」に代わり「NAMAHAGE」を環境負荷軽減のための活動のマスコットキャラクターに起用し、再び大規模なキャンペーンを行おうと画策していた。

ファイナル・コーラス編集

NAMAHAGEキャンペーンは成功しなかったものの、その後もマータイは環境保護活動に積極的に取り組んだ。彼女は植林のほか、ケニア民主化にも大きな関心を抱き、一人でも多くの女性が高い地位に就き自分のように社会進出できるように、自分の寝台の長さに合わせて女性の足を叩いて伸ばすなどの活動を実践した。2011年9月、マータイは植林の実践中に突如激痛に襲われた。彼女は最後の力を振り絞って腕に抱えた苗木1000本を投げ飛ばし、そのままどうと倒れ伏した。その瞬間空高く土煙が上がり、地響きはプレートにまで達し、遠く日本列島をもわずかに揺らした。そして彼女の大樹のごとき体はついに再び起き上がることなく、25日未明ワンガリ・マータイは永眠した。最期の時、彼女の頬には一筋の涙がつたい、そばにいた友人の顔全体を濡らした。彼女を看取った者の一人は、その唇がはっきりと動き、言葉を発するのを聞いたという。「エリ、エリ、レマ、砂漠タニ」

ケニアにとどまらずアフリカ全土を緑化するというマータイの壮大な目標は、当たり前だがその生前に達成されることはなかった。志を同じくしてきた仲間たちは「忘れようとしても忘れられるものではない」と彼女の存在の大きさを語り、中には「現時点でのコメントは控えたい。今思い出させないでくれ。夢に出そうだ」と、抑えきれない悲しみを露わにする者もいたが、皆一様に彼女の遺志を継ぐという決意を示した。MOTTAINAIキャンペーンの際に彼女の訪問を受けた秋田県では、「もったいない」として彼女の笑顔をなまはげの面のデザインに採用することを検討している。

関連項目編集

この項目「ワンガリ・マータイ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)