ヨーロッパ

WorldSmall.png
「『大陸です地球』」
ヨーロッパの地図
ヨーロッパ大陸の貴重な真正のNASA衛星画像
この記事は、en:Europeから翻訳されたものです。

ヨーロッパは地球の大体左上くらいのところにある地域である。

主張編集

ヨーロッパについてはいくつか主張があり、フランスの植民地だとか、アフリカの周辺にあるのではないか、などの議論がなされている。不確定要素はあるものの、最も有力視されている説は、「ヨーロッパはいろんな国を包含する超国家的存在であり、ドイツスイスなどがその頂点に君臨している」というものである。

概略編集

難しく感じるかもしれないが、結局ヨーロッパがどこまでなのかはあなたが属する国の政権に依存している。もちろんあなたがゲルマン民族の一員であれば誰もあなたのヨーロッパ観を疑問視しないだろう。だが東方ならどうだろうか?ハンガリーチェコなら政権が無条件にブリュッセルの意向を忖度するはずなので、多分ここもヨーロッパだろう。注意しなければならないのは、ロシアと歩調を合わせる国は非ヨーロッパと見なされ、ブリュッセルから鉄槌を下される代わりに自立していかなければならない。逆に2014年に政変を起こしたウクライナみたいなヨーロッパかぶれはヨーロッパに含まれるだろう。

文化編集

ヨーロッパにはゲイ術の都だとか花摘みの都だとか色々な都があり、とても華やかである。

ブランド品を中心にここで販売されているものは多く、日本人にとって世界七泊六カ国分刻みで大移動しお土産顰蹙を買いに行くにはこれ以上の舞台はない。調べによるとイタリアで最も多く日本に輸出されているのは顰蹙であり、実際ピサの斜塔も日本人が購入した顰蹙の代金によって立てられたものである。

その他フランスの凱旋門、イギリスストーンヘンジにも日本人が購入した顰蹙の代金が有効に使われている。

語源編集

元々ヨーロッパとは、かつてのローマ帝国の北に位置した州の名である。そこから、ローマ帝国より北の土地はすべてヨーロッパといわれるようになった。

また、これはアジアアフリカも同様であり、アジアもヨーロッパもアフリカもローマ帝国の州の名前にすぎず、ローマ帝国より東の領土をアジアと呼び、ローマ帝国より南の領土をアフリカと呼んだのである。

歴史編集

勘違いしている人が多いが、かつてのヨーロッパはローマに征服された被支配地であり、独立国家とはいえなかった。大航海時代産業革命、民主革命以前のヨーロッパにいたっては、何の魅力もないど田舎である。しかし田舎だからこそそこにビジネスチャンスを見出したビジネスマンも存在し、ナポレオンだけでなくアドルフ・ヒトラープーチンなどがその占有を目論んだ。

暗黒時代編集

この時代には特に大したことは起きなかった。強いて言うなら、人を燃やすことで地球が平らであることが証明されたぐらいである。これは大事な教訓なのだが、現代でもデマを信じている人たちがいるようだ。

ルネサンス編集

ルネサンス期にはミケランジェロダビンチだけでなくプロテスタントなど様々な才能が開花した。彼らが天才であることを理解するのはモナ・リザなどの傑作を見ればすぐにわかるが、未完の大作もあるためその才能が疑問視されることもある。

この時期に並行して、ポルトガルを出港したインドにたどり着き、ヨーロッパにお茶をもたらすことに成功した。これがアフタヌーン・ティーの始まりであり、天才たちの喉が潤された。

近代編集

ナポレオンがたまたま権力を得た時代である。彼は本来なら釣りに行くはずだったが、イタリア製の優れた地図を買ったおかげでパリにたどり着いた。こうして帝政フランスが出来上がるわけだが、今度は粗悪な地図を買ってしまったためにその座を追われることとなった。

現代編集

君主達が戦争を重ねた結果、今のEUという独立国家が形成された。やっと、1988年ドイツ統一で安定化したかと思ったら、今度はユーゴスラビアが空中分解する。あとはギリシャが貨幣でやらかして、イギリスがEURO貨幣から離脱するとかでまだバラバラなのは否めない。ただ、君主を21世紀でも束ねているのが現状を言える。

地理編集

ヨーロッパの地理は大まかに分けるならフランスとドイツに分類でき、さらに細かい分け方だと「50以上の州、一つの連邦管区」などがある。細かすぎて伝わらない分け方は無視するとして、ここからは各方面ごとに詳述する。

北西ヨーロッパ編集

デンマーク領グリーンランドや北海を指すのにも使われる多義語だが、本来はアトランティスを意味している。

南欧編集

スペイントルコなどがあり、地中海に面している。地中海のお陰で太陽の光を遮る障害物が比較的少ないために日照時間が多く、域内全体が日焼けサロンのような役割を果たしている。最近は北大西洋条約機構や在欧アメリカ軍がこの日焼けサロン機能に注目しており、洋上の不審船や密入国者を灰にするのに活用できないか検討している。

北方編集

北欧とも呼ばれ、ノルウェースウェーデンフィンランドなどのスカンジナビア諸国の他、アイスランドやデンマーク本土、時々イギリスアイルランドも含まれる。この地域は白夜などの影響で日照時間が少ないため農業に不適だが、日焼けしたくない人たちには天国のような場所である。

東方編集

大部分がロシアに支配されているが、現在はグローバル化の影響で友好的な関係が築かれているため全く問題ない。EUに似た権威により、東方との境界線はベルリンウィーン間にはないと結論付けられている。この権威はかつてガリレオを粛清した実績があるため誰も逆らうことができず、よって宗教上の理由により東欧という概念が存在しなくなった。しかしヨーロッパが東方へ際限なく拡張されるのはソ連にとって不都合なためKGBなどが必死に抵抗したが、それらの悪あがきはCIAによって封印されてしまった。

飛び地編集

アフガニスタンやフランス領ギアナは含まれないが、コンゴ民主共和国などはヨーロッパの飛び地に当てはまるため、エボラ出血熱などのパンデミック時にはEUから支援を受ける権利を有している。

経済編集

ヨーロッパの国々が一つにまとまれば間違いなく世界最大の経済圏であるが、残念ながら根深い対立も少なからずあるため、実現していない。しかし一枚岩と言えなくとも以下のような素晴らしい産業があるのでその実力は決して侮れないだろう:

関連項目編集

アンコモンズに、ヨーロッパに関するガラクタがあります。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヨーロッパ」の項目を執筆しています。
  てめぇら、ヨーロッパはこんなヌルッちいもんじゃねぇ!今、本物ってのを見せてやる!!
………見てた?「「「「うん」」」」 (Portal:スタブ)