メインメニューを開く

Uncyclopedia β

エクストリーム・ボウリング

Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。

エクストリーム・ボウリング(えくすとりーむ・ぼうりんぐ)とは、おもに老人達によって親しまれているエクストリーム・スポーツの一種。

目次

概要編集

エクストリーム・ボウリングとは、近年になってニュースで大々的に報道された事によって、足取りも覚束ないはずの老人達の間でブームを巻き起こした物である。 令和元年現在は未だ黎明期でしかないが、今後のプレイヤーの大幅な増加が見込まれている。現世界チャンピオンは、国際度量衡委員会元副委員長の飯塚幸三である。稀に不慮の事故からか小学生未満がボウラー側となってしまう、もしくはDQN達の故意よってエクストリーム・スポーツとして悲惨な事故を起こす事もある。

ルール編集

  • プレイヤーは2人以上必要で、ボウラーとピンの二手に分かれて行う。
    • 尚、ピン側の同意は必要ないものとする
      • この際、ボウラー側とピン側の年齢の差により、大幅な加点が見込める。散歩中の園児を狙おう。
  • 必ず一台以上の車を用いること。これが所謂ボールに相当する。
    • プリウスが好ましい
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

プレイ方法編集

従来のボウリングと違い、ストライクやスペアといった概念は存在しない。これはプレイヤーの少なさゆえ、未だに発見されていないシステムが恐らく存在するための便宜上の物。加えてこのエクストリーム・ボウリング特有の仕様として、「撃破数」と「生存時間」によるスコアカウントシステムが採用されている。

「撃破数」はその名の通り破壊したピンの数を指す。おもに児童がピン側になる事が多く、ついでにその保護者もピン側として参加する事がある。また、この際ピン以外にも破壊した障害物があればその都度スコアに加算される。「生存時間」は塀の向こうに行くまでの時間を指す。基本的にボウラーが誰か分かっている状態のため、勲章所持、言い逃れ、替え玉等で時間稼ぎするのがセオリーとなっている。

有名プレイヤー一覧編集

関連項目編集


  この項目「エクストリーム・ボウリング」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)