外人

2007年1月20日 (土) 18:41時点における額田倫太郎 (トーク | 投稿記録)による版 (ちょっとキレが弱いかもしれませんが。)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

テンプレート:Ja/header

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「外人」の項目を執筆しています。

ガイジンとは、巨大多民族国家である「ガイ」国の国籍を持つ人の総称である。正確にはガイ人と表記すべきものだが、この項目では主に「ガイジン」とのカタカナ表記をするものとする。

ガイジンの呼称の歴史

ガイ国という存在が日本人に認識されるようになったのは20世紀に入ってからである。それ以前、古くは「南蛮人」「紅毛人」、明治時代の初期には「異人」「支那人(中国人)」「朝鮮人」といった呼称が一般的であったが、これはガイ国への知識が無かったためである。

余談だが、南蛮人という言葉は一部を除いてほぼ消滅し、紅毛人は戦時中までに「毛唐」という差別用語に変化した。支那人は戦後すぐ、朝鮮人は昭和中期までに差別用語としての扱いを受け、正式には使用されなくなっているが、それ以前は差別的意味のない中立的な単語であった。

言うまでもないが、日本を訪れる外国人にはガイ国出身ではない者も多い。しかし、多くの日本人は、ガイ国への印象が強すぎるため、白人黒人、一部の黄色人種(日本人と民族的に相違が大きい黄色人種)を見ると全てガイ国民であると考えるようになった。

ガイ国の姿

詳しくはガイ国を参照

ガイ国は巨大な他民族国家であるが、下記のような特徴を持つ。

  • 公用語は英語である。
  • 多民族国家である。あらゆる種類の白人、黒人を含むが、黄色人種は少なく、特に極東地域(日本、韓国、中国など)の民族は少ない。
  • 日本語が苦手である。これはガイ国の人々の身体的特徴に由来する。彼らの舌の構造は日本語を発音することに向いていないのである。この理由により、ガイ人と話すときは、日本人側が英語を使うことが多い。
  • 他国への理解が苦手である。思想的なものであると考えられているが、ガイ人は総じて日本を含めた他国への理解が薄い。そのため、日本の風土風習に一致しない行動をとることが多く、日本人がガイ人とのコミュニケーションをとる上での障害になっているのは確かである。
  • 多くの国と国交が無く、嫌われている。一国主義的な行動が嫌われているとの説もある。しかし、日本とガイ国との交流は盛んで、海外旅行をするガイ国民の大半が日本を訪れている。このため、日本国内では「ガイ人」という呼称に特に差別的意味は無いが、日本以外の国ではガイ国出身であることは少なからず差別の対象となる。
  • 自動車産業が盛んである。詳しくは下記。

外国人の多くが自分をガイ国民と混同されることを嫌っているので注意が必要である。わかりやすい例えをすれば、海外旅行中の日本人が Chineese や Korean と呼ばれれば(それらの国を蔑視していなくとも)気分を害するのと似たような感覚である。ましてや、国交が無く嫌われている国の出身者と混同されることは苦痛であろう。

日本人にとっては、「外国」と「ガイ国」の音が似ていることも手伝い、「日本以外の国」と言えば真っ先にガイ国を思い浮かべるが、気軽に「ガイジン」の言葉を使うことは、欧米人が日本も中国も韓国も区別がつかないのと同様、欧米人側から見れば避けるべき風習となる。

ガイ国の自動車産業

多くの国はガイ国との国交を持たないが、日本とは様々な物流がある。特に自動車の輸入が多く、ガイ製の車が外国製の車の代名詞である(外国製の車をすぐに「ガイ車」と呼ぶ)ところに、日本とガイ国の自動車産業のつながりの深さが垣間見える。

ガイ国の自動車産業は幅が広く、高い技術力を持っており、欧米製の車のほとんどはガイ国の技術を流用しているとまで言われる。実際に、ガイ国製の次に普及しているドイツ車であっても、ガイ車と区別がつかないことがある。これがますます、外国製の自動車をまとめて「ガイ車」と呼んでしまう一因となっている。

通常であれば、自国の自動車を他国製と混同されることは嫌われるはずであるが、不思議なことに、自動車に関してはガイ国製と混同されることは嫌われていない。これはガイ国の自動車技術が高いためであろう。より優れた自動車と混同されることを敢えて放置することで、売り上げ増を狙っているのである。これは中国において日本製のバイクとよく似た(というか明らかにパクった)商品を販売し、日本製と混同させることで売り上げを増やした例と似ている。

余談

  • ガイ国はアメリカ合衆国と似ているが、全く別の国であるので注意が必要である。
  • ガイ国は混血児にも国籍を与えることが多く、特に子供が欧米人との混血児も「ガイジン」と呼ぶことが多い。これはしばしばいじめの理由になるため、子供達の「ガイジン」という言葉には注意が必要である。

関連項目